仮想通貨あれこれ

暗号通貨(仮想通貨)のこといろいろかな

「メトカーフの法則」ビットコイン価格は割高の可能性も

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として、「メトカーフの法則」とよばれる計算方法があります。メトカーフの法則は、「ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザー数の二乗(n2)に比例する」というものです。電話やインターネットな…

米Energy Harbor社、オハイオ州の新たなマイニング施設に原子力発電を提供

Energy Harbor社は12日、Standard Power社と提携し、オハイオ州の新しいビットコイン・ブロックチェーン・マイニングセンターにカーボンフリーの原子力発電を提供すると発表しました。 Standard Power社が、オハイオ州コショクトンにある廃墟となった製紙工…

7月6日時点のCMEのBTC先物建玉分析、中期的には4,040ドルの上押し圧力

FTC(米商品先物取引委員会)は火曜日時点でのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン(BTC)先物の部門別ポジションを当週末に公表しています。為替市場ではCFTCが公表している非商業部門(投機筋)ポジションがよく注目されます。 7月6日時点…

NVTから見た足元のビットコイン妥当価格は37,250ドル

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として注目されるもののひとつに、「NVT」という指標があります。暗号資産の市場分析で有名なウィリー・ウー氏が考案した指標で、同氏のホームページではリアルタイムの数値を公表しています。NVT(Network Value to Tr…

「Shiden Network」、Kusamaネットワークに世界で3番目に接続成功

Stake Technologies社は7日、Shidenネットワークが異なるブロックチェーンを接続し相互運用性を提供するPolkadotの実験的ネットワークとして利用されるKusamネットワークにて世界で3番目に接続に成功したと発表しました。また、接続と同時にShiden ネットワ…

テスト

https://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100op7m000005

英大手銀行バーグレーズ、Binanceへのカードによる送金を停止

英大手銀行バーグレーズが顧客の仮想通貨取引所Binanceへの送金を禁止していることが明らかになりました。 同行のツイッターでは、月曜日に「顧客の資金を守る責任があり、デビットカードとクレジットカードによる支払いは追って通知するまで停止する。」と…

暗号資産(仮想通貨)のイベントスケジュール:7月1日更新

7月:イーサリアム・ロンドンハードフォーク 7月:イーサリアムクラシック・Magneto ハードフォーク 7月8-7月9日:Blockchain and Internet of Things Conference 2021(開催地:ベトナム) 7月13日:Bakktのビットコイン・オプションSQ(日本時間7月14日) …

ハッシュレート分析によるビットコイン妥当価格は15,157ドル

ビットコイン(BTC)の価格予想を行う上で重要な要素のひとつにハッシュレートがあります。ハッシュレートは、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をマイニング(仮想通貨の新規発行や取引承認に必要となる計算作業)する際の速度を表すものです。具体的…

ビットコイン、海外の売りポジションは減少

足元のビットコイン(BTC)は380万円台で取引されています。最も取引量の多い米ドル建てでは34,400ドル近辺で推移しています(コインマーケットキャップより)。 一部国内の暗号資産(仮想通貨)取引所が出している投資家の未決済建て玉情報(6月28日時点)…

「メトカーフの法則」ビットコイン価格は割高の可能性も

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として、「メトカーフの法則」とよばれる計算方法があります。メトカーフの法則は、「ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザー数の二乗(n2)に比例する」というものです。電話やインターネットな…

コインチェック、7月1日から「Coincheck IEO」の提供開始

コインチェックは24日、2021年7月1日にIEOプラットフォームである「Coincheck IEO」の提供を開始すると発表しました。加えて、Coincheck IEOの第一弾として、準備を進めてきた株式会社Hashpaletteの発行する独自トークン「Palette Token(PLT)」の購入申込…

6月15日時点のCMEのBTC先物建玉分析、中期的には1,846ドルの上押し圧力

CFTC(米商品先物取引委員会)は火曜日時点でのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン(BTC)先物の部門別ポジションを当週末に公表しています。為替市場ではCFTCが公表している非商業部門(投機筋)ポジションがよく注目されます。 6月15日時…

イーサリアム、テストネットで「ロンドン」アップグレード実装へ

7月頃の実装を控える暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の「ロンドン」アップグレードが、6月24日にテストネット「Ropsten」で実装されるとイーサリアム財団のウェブサイトに投稿されたブログ記事で明らかになりました。 イーサリアム財団のTim Beiko…

NVTから見た足元のビットコイン妥当価格は42,926ドル

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として注目されるもののひとつに、「NVT」という指標があります。暗号資産の市場分析で有名なウィリー・ウー氏が考案した指標で、同氏のホームページではリアルタイムの数値を公表しています。NVT(Network Value to Tr…

GMOフィナンシャルホールディングス、NFT事業参入を目的とした子会社設立

GMOフィナンシャルホールディングス<7177>は、NFT事業への参入を通じて、新たな価値創造と企業価値の向上を図ることを目的に、共同出資による「GMOアダム株式会社」の設立を発表しました。親会社であるGMOインターネット株式会社<9449>及び株式会社サムライ…

マスク氏、ビットコイン決済再開について言及

米電気自動車大手テスラのイーロン・マスクCEOは14日、電気自動車(EV)などを購入する際のビットコイン決済を再開する可能性を明らかにしました。 マスク氏は、「マイナーがビットコインをマイニングする際に、再生可能エネルギーを50%程度使用し、将来的に…

暗号資産(仮想通貨)のイベントスケジュール:6月10日更新

6月10日:PI x DEFI - Virtual Crypto Conference(開催地:カナダ) 6月11-6月12日:ブロックチェーン フェスト 2021(開催地:キプロス) 6月15-6月17日:マイナーサミット 2021(開催地:アメリカ) 6月15日:Bakktのビットコイン・オプションSQ(日本時…

LINE、「NFTマーケット」の提供予定を発表

LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社は9日、LINEのデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」内で、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤としたNFTの取引ができる「NFTマーケット」の提供を…

「メトカーフの法則」ビットコイン価格は割高の可能性も

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として、「メトカーフの法則」とよばれる計算方法があります。メトカーフの法則は、「ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザー数の二乗(n2)に比例する」というものです。電話やインターネットな…

NVTから見た足元のビットコイン妥当価格は46,084ドル

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として注目されるもののひとつに、「NVT」という指標があります。暗号資産の市場分析で有名なウィリー・ウー氏が考案した指標で、同氏のホームページではリアルタイムの数値を公表しています。NVT(Network Value to Tr…

ハッシュレート分析によるビットコイン妥当価格は27,564ドル

ビットコイン(BTC)の価格予想を行う上で重要な要素のひとつにハッシュレートがあります。ハッシュレートは、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をマイニング(仮想通貨の新規発行や取引承認に必要となる計算作業)する際の速度を表すものです。具体的…

ビットコイン、海外の売りポジションは減少

足元のビットコイン(BTC)は370万円台で取引されています。最も取引量の多い米ドル建てでは34,200ドル近辺で推移しています(コインマーケットキャップより)。 一部国内の暗号資産(仮想通貨)取引所が出している投資家の未決済建て玉情報(5月17日時点)…

フィスココイン(FSCC)テクニカル分析(5月27日)

5月20日10時30分時点のFSCCは、140円近辺での推移となっています。5月9日には一時169円まで上昇しました。 長いもち合いから上昇トレンド入りとなっています。 上値めどは2020年10月安値から12月高値66円幅の倍返しである176円、2021年4月安値から5月高値98.…

BTC、再び3万ドル台へ急落、中国が採掘取締りをあらためて表明

ビットコインは21日のNY市場で、41000ドル(450万円相当)から37000ドル(403万円相当)へ急落、中国が採掘取締りをあらためて表明したことが嫌気され売りが加速しました。 [PR]暗号資産(仮想通貨)取引ならZaif

暗号資産(仮想通貨)のイベントスケジュール:5月20日更新

5月22日:ブロックチェーンエコノミー2021(開催地:トルコ) 5月28日:CMEのビットコイン・オプション、ビットコイン先物SQ(日本時間5月29日午前1時) 6月2-6月3日:Global DEFI Investment Summit(開催地:ドバイ) 6月4-6月5日:ビットコイン2021(開催…

5月11日時点のCMEのBTC先物建玉分析、中期的には224ドルの上押し圧力

CFTC(米商品先物取引委員会)は火曜日時点でのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン(BTC)先物の部門別ポジションを当週末に公表しています。為替市場ではCFTCが公表している非商業部門(投機筋)ポジションがよく注目されます。 5月11日時…

「メトカーフの法則」ビットコイン価格は割高の可能性も

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として、「メトカーフの法則」とよばれる計算方法があります。メトカーフの法則とは、「ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザー数の二乗(n2)に比例する」というものです。電話やインターネット…

NVTから見た足元のビットコイン妥当価格は47,825ドル

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として注目されるもののひとつに、「NVT」という指標があります。暗号資産の市場分析で有名なウィリー・ウー氏が考案した指標で、同氏のホームページではリアルタイムの数値を公表しています。NVT(Network Value to Tr…

ハッシュレート分析によるビットコイン妥当価格は33,068ドル

ビットコイン(BTC)の価格予想を行う上で重要な要素のひとつにハッシュレートがあります。ハッシュレートは、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をマイニング(仮想通貨の新規発行や取引承認に必要となる計算作業)する際の速度を表すものです。具体的…