仮想通貨あれこれ

暗号通貨(仮想通貨)のこといろいろかな

レイヤー1ブロックチェーン「Linera」、600万ドルの資金を調達

レイヤー1ブロックチェーン「Linera」は29日、シードラウンドで600万ドルの資金を調達したと発表しました。今回の資金調達はAndreessen Horowitz(a16z)が主導し、Cygni Capital、Kima Ventures、Tribe Capitalも同ラウンドに参加しました。

 「Linera」は、Web2のスケーラビリティをWeb3にもたらすことを目的としたレイヤー1のブロックチェーンプロジェクトで、創業者でCEOのMathieu Baudet氏は元Meta(FB)の社員でFacebookのLibraブロックチェーンやNoviの開発に携わっていた人物です。この資金調達により、Web2のパフォーマンスと信頼性をWeb3の世界にもたらすというビジョンを実現するために開発を推進していくといいます。また、エンジニアやチームメンバーを雇うなど雇用強化に使用され、プロトコルを構築していくとのことです。

 Lineraは、「FastPay」と「Zef」という2つのプロトコルを組み合わせて開発されていて、Web2アプリケーションと同じくらい簡単にスケールする、初の低遅延ブロックチェーンを作成することをミッションとしています。現在は、Lineraプロトコルの実装と、オープンソースの立ち上げに向けて一歩を踏み出した状態で、ネットワークがいつオープンソースプロトコルを立ち上げるかは明らかになっていません。

 設立チームには、web2とweb3の両方で強力な技術的バックグラウンドを持つエンジニアと研究者(元Zcash、元Meta/Novi、ロンドン市立大学)で構成されているようです。
 
 [PR]暗号資産(仮想通貨)取引ならZaif

GUCCI、「SuperRare」との提携を通してDAOに参加

高級ファッションブランド「GUCCI」は23日、NFTマーケットプレイス「SuperRare」との提携を通して初めて自律分散型組織(DAO)に参加すると発表した。NFT.NYCで、SuperRareのビジネス開発担当SVP Zack Yanger氏とGucci VaultのCEO Nicolas Oudinot氏の対談の中で明らかになりました。

Gucciは、DAOに参加し、SuperRareコミュニティ内のガバナンス権を得るために、2万5000ドル相当の暗号資産RAREを取得したといいます。今後、29人のアーティストによるNFT(非代替性トークン)のアート作品を集めた展示会「Vault Art Space」を開始します。

Nicolas Oudinot氏は仮想通貨メディアCoinDeskに、「私たちは、革新的な方法で作品を展示するプラットフォームをアーティストに提供するSuperRareの能力に魅了された。コミュニティの感覚に基づき、アーティストとコレクターの両方をサポートする重要なツールとして相互作用と分散化を強化する」と述べています。

Gucciは今年からWeb3の関連事業を強化し始め、2月に米アート・トイメイカーの「Superplastic」と提携し「SUPERGUCCI」という初のNFTコレクションをリリースしました。また、メタバースゲーム「The Sandbox」で仮想空間上の土地を購入し、独自のメタバースを構築しています。

同社は、Web3以外にも2022年5月末頃から米国の一部店舗で暗号資産決済を受け入れています。暗号資産決済を利用できる店舗は、ニューヨーク、ロサンゼルス、アトランタ、ラスベガスなどの地域ですが、今夏には北米の全直営店に試験的に拡大する計画も示しています。ビットコインビットコインキャッシュイーサリアムライトコインのほか、米ドルにペッグされたステーブルコインを含む10以上の暗号資産での支払いを受け入れます。今後は、DogecoinやShiba Inuも受け入れる予定だということです。

Gucciは、暗号資産関連やNFT、Web3、メタバースへの取り組みを強化しています。今後も、同社の暗号資産関連の動向には注目が集まることが予想されます。

[PR]暗号資産(仮想通貨)取引ならZaif

米ニュース雑誌TIME、「The Sandbox」との提携を発表

米ニュース雑誌TIMEは21日、NFTゲーム「The Sandbox」と提携してメタバースに「TIME Square」を構築すると発表しました。

TIMEのNFTコミュニティであるTIMEPiecesが「The Sandbox」とパートナーシップを組み、「TIME Square」を開発します。TIME Squareは、ニューヨークの象徴的な地域として、メタバース上の同地域にユーザーを集め、アートや商業のための目的地として建設されるということです。具体的には、ディスカッション、イベント、TIMEスタジオのプロジェクトの上映、教育的体験へのバーチャルアクセスを提供します。

TIMEの社長Keith A. Grossman氏が、NFT.NYCnycで行われたThe Sandboxイベントでこのパートナーシップを明らかにしました。同時にTIME Squareをデザインする建築家の公募を行いました。「私たちの目標はメタバースの中心となる場所を作ることです」と述べたうえで、TIMEPiecesのコミュニティ、TIMEの歴史的報道とグローバルな関係、TIME StudiosのユニークなIP、リアルなイベントを自然につなぐ架け橋となる没入型の体験を作っていくと明らかにしました。

同日には、株式会社MintoがThe Sandbox及び株式会社TSUBASAと協業し、「The Sandbox」上での「キャプテン翼Land」のプロデュースを行なうと発表しています。日本発の漫画作品IPブランドはThe Sandboxにおいては「キャプテン翼」との提携が初の取り組みになるといいます。そのほか、The Sandboxは今月15日にも、米エンターテイメント大手のLionsgateと提携したことを発表しています。各国の金融引き締めによる影響を受けて暗号資産を取り巻く市況は悪化していますが、今後も暗号資産関連企業の動向に注目が集まりそうです。

[PR]暗号資産(仮想通貨)取引ならZaif

 

Celsius Network、顧客資金の引き出しなどを一時停止

暗号資産レンディングサービスを提供するCelsius Networkは13日、「極端な市場環境」を理由に顧客資金の引き出し、スワップ、口座間の移動を一時的に停止すると発表しました。

Celsiusは、ユーザーに対する義務を果たすために資産を保護・保全するという一点に集中して業務に取り組んでいるといいます。今回、コミュニティの利益のために行動することを最優先事項としたうえで、出金、スワップ、口座間移動を一時停止します。資産を保全・保護するための措置を講じる一方で、流動性と業務を安定させるために、必要な措置をとっていくようです。流動性を安定させ、できるだけ早く復旧させることを目指しているとのことですが、サービス再開の目途は示されていません。

Celsius Networkは、ベンチャーキャピタルの支援を受けた大規模な暗号資産企業で、2018年にICOを開始し、3億2500万CELを販売することで約5000万ドルを調達しました。ユーザーに17%の年間預金利回りを提供し、低金利の融資も行っています。

一時停止となった要因は明確に挙げられてはいませんが、Celsiusが大量の資産をDeFi(分散型金融)で運用してきた履歴が指摘されています。過去の複数のハッキング被害や直近の「stETH」の価値下落、暗号資産市況事態の悪化など様々な要因から、資産が減少し、流動性危機に直面しているとの憶測が広まっています。

実際に、2022年6月14日時点のビットコイン現物取引価格は285万円台まで急落、イーサリアム(ETH)も14万円台まで急落し、年初来高値と比較すると50%以上も大きく下落しています。「暗号資産の冬」が意識されてきたなかで、ビットコインアルトコインの価格動向、DeFiやNFT(非代替性トークン)の今後の動向に注目が集まりそうです。

[PR]暗号資産(仮想通貨)取引ならZaif

 

Tatsumeeko、シードラウンドで750万ドルを調達

多人数参加型オンライン・ロールプレイングゲームMMORPG)の「Tatsumeeko」は9日、シードラウンドで750万ドルを調達したと発表しました。

MMORPGのTatsu.ggが、Web3ゲームモデルへの移行を前にTatsumeekoとしてリブランディング。今回の資金調達は、Delphi Ventures、Bitkraft Ventures、DeFiance Capitalの共同主導で行われ、Binance Labs、Animoca Brands、Dialectic、GuildFiからも資金提供を受けました。

Tatsumeekoは、Discordやモバイル端末を利用するコミュニティと、ファンタジーロールプレイングゲームの架け橋となることを目指して、Discord動作するゲームを開発しています。資金調達により、Tatsumeekoは、イーサリアムとソラナでリリースされるMMORPGライト体験の開発を継続します。また、ゲーム大手のベテランを含む15人のチームを拡充し、制作の規模を拡大する予定だといいます。さらに、Telegram、WeChat、などで動作するゲームもリリースする予定としています。

すでに同プラットフォーム向けのNFT(非代替性トークン)コレクションを1つリリースし、7月にはランドセールスを開始する予定です。また、5月には実証実験を行い、月間アクティブユーザー数6万人、取引アイテム数450万個に達して成功を収めています。 TatsumeekoのCEO兼クリエイティブ・ディレクターDavid Lim氏は、Discordサーバーをゲーム化することで、コミュニティがユーザーを維持し、より強い絆を築くことができると述べています。また、「Discordに直接、持続可能なトークノミクスを持つソーシャルMMORPGを構築することで、DiscordをプラットフォームとするWeb3コミュニティのユーザーの維持、獲得、交流における問題を解決する。同時に、Discordを通じてTatsumeekoを統合し、Web3のゲーム、ブランド、NFTプロジェクトに付加価値を与えたいと考えている」と語りました。

[PR]暗号資産(仮想通貨)取引ならZaif

暗号資産のイベントスケジュール:6月9日更新

6月9日-6月12日:Consensus 2022(オースティン)

6月10日:World Blockchain Summit Singapore(シンガポール

6月13日-6月15日:CogX Summit & Festival 2022(オンライン及びロンドン)

6月14日-6月16日:The Bitcoin Mining Conference 2022(プラハ

6月15日-6月16日:Crypto Connection 2022(ニューヨーク)

6月21日:Bakktのビットコイン・オプションSQ(日本時間6月22日)

6月23日:Bakktのビットコイン先物SQ(日本時間6月24日)

6月24日:CMEのビットコイン・オプション、ビットコイン先物SQ(日本時間6月25日午前1時)

6月26日-6月28日:European Blockchain Convention(バルセロナ

6月30日:Crypto 2022 & Beyond(ジャカルタ

7月2日-7月3日:World Conference and Awards on Blockchain Technology(シンガポール

7月4日-7月5日:World Blockchain Summit Poland(ポーランド

7月8日-7月10日:Metaverse Expo 2022(ラスベガス)

[PR]暗号資産(仮想通貨)取引ならZaif

Astar Network、AWSとの連携を発表

⽇本発のパブリックブロックチェーンAstar Networkは7日、Amazon Web ServicesAWS)と連携して、Builders ProgramとIncubation Programをサポートすると発表しました。

この連携により、Astar Builders ProgramやAstar Incubation Programに参加するすべてのスタートアップは、AWS Activate Programを享受できます。AWS Activate Program では、AWSのサービス利用料として最大10万ドルのクレジットを獲得でき、AWSのエンジニアや業界のエキスパートによる技術指導を受けることができるとのことです。また、AWSは、Astarの2つのプログラムに参加したスタートアップがAWS上でビジネスを成長させるために、プログラム期間中およびプログラム終了後も長期に渡ってサポートするといいます。

Astar Networkの創業者兼CEO渡辺壮太氏は、「AWS Activateを利用することで、開発者はより簡単に、安心してアプリケーションを構築できるようになります。このパートナーシップによって実現されるイノベーションを見るのが楽しみです」と述べました。

Astar Builders Programは、Astarエコシステムを構築するチームを支援することで、エコシステムの開発、成長、採用を促進するために作成されました。これにより、技術、資金調達、マーケティングなどのサポートを受けることができます。開発者はコミュニティのニーズを満たすアプリケーションやインフラを構築し、Web 3.0空間をさらに押し上げることができるアプリを開発・作成できます。

Astar Incuvation Programは、ArthswapやAstrid DAOなどの既存のプロジェクトをサポートするために2022年2月に設立されました。このプログラムではBuilders Programのサービスに加えて資金調達の機会も与えられています。

Astar Network は、2021年の12月にポルカドットのパラチェーンとなりました。Astar Networkは、Polychainのほか、Crypto.com Capital、Alameda Research、などの大手暗号資産ファンド、Ethereum及びPolkadotを創業したGavin Wood氏、プロサッカー選手の本田圭佑氏などから資金を調達しています。ガバナンストークン「ASTR」は、大手暗号資産交換所のBinance、Huobi GlobalやGate.io、OKExなどに上場しています。

https://zaif.jp/?money003