仮想通貨あれこれ

暗号通貨(仮想通貨)のこといろいろかな

NVTから見た足元のビットコイン妥当価格は48,404ドル

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として注目されるもののひとつに、「NVT」という指標があります。暗号資産の市場分析で有名なウィリー・ウー氏が考案した指標で、同氏のホームページではリアルタイムの数値を公表しています。NVT(Network Value to Tr…

フィスココイン(FSCC)テクニカル分析(4月21日)

4月21日14時50分時点のFSCCは、80円近辺での推移となっています。 12月21日には一時110円まで上昇しましました。11月29日安値62.00円から12月21日高値110.00円までの上昇幅は約48.00円であり、12月30日安値75.24円からリプレイスすると123.24円が3ヶ月程度先…

「メトカーフの法則」ビットコイン価格は割高の可能性も

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として、「メトカーフの法則」とよばれる計算方法があります。メトカーフの法則は、「ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザー数の二乗(n2)に比例する」というものです。電話やインターネットな…

暗号資産(仮想通貨)のイベントスケジュール:4月22日更新

4月21-4月22日:ブロックチェーンライフ2021(開催地:ロシア) 4月28-4月29日:TEAMZブロックチェーンサミット(開催地:日本) 4月30日:CMEのビットコイン・オプション、ビットコイン先物SQ(日本時間5月1日午前1時) 5月16日:Bakktのビットコイン・オプ…

4月13日時点のCMEのBTC先物建玉分析、中期的には6,043ドルの下押し圧力

CFTC(米商品先物取引委員会)は火曜日時点でのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン(BTC)先物の部門別ポジションを当週末に公表しています。為替市場ではCFTCが公表している非商業部門(投機筋)ポジションがよく注目されます。 4月13日時…

ハッシュレート分析によるビットコイン妥当価格は28,186ドル

ビットコイン(BTC)の価格予想を行う上で重要な要素のひとつにハッシュレートがあります。ハッシュレートは、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をマイニング(仮想通貨の新規発行や取引承認に必要となる計算作業)する際の速度を表すものです。具体的…

ビットコイン、海外の売りポジションは縮小

足元のビットコイン(BTC)は650万円台で取引されています。もっとも取引量の多い米ドル建てでは60,000ドル近辺で推移しています(コインマーケットキャップより)。 一部国内の暗号資産(仮想通貨)取引所が出している投資家の未決済建て玉情報(3月29日時…

NVTから見た足元のビットコイン妥当価格は41,469ドル

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として注目されるもののひとつに、「NVT」という指標があります。暗号資産の市場分析で有名なウィリー・ウー氏が考案した指標で、同氏のホームページではリアルタイムの数値を公表しています。NVT(Network Value to Tr…

3月30日時点のCMEのBTC先物建玉分析、中期的には4,164ドルの下押し圧力

CFTC(米商品先物取引委員会)は火曜日時点でのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン(BTC)先物の部門別ポジションを当週末に公表しています。為替市場ではCFTCが公表している非商業部門(投機筋)ポジションがよく注目されます。 3月30日時…

「メトカーフの法則」ビットコイン価格は割高の可能性も

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として、「メトカーフの法則」とよばれる計算方法があります。メトカーフの法則は、「ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザー数の二乗(n2)に比例する」というものです。電話やインターネットな…

フィスココイン(FSCC)テクニカル分析(3月31日)

3月31日12時45分時点のFSCCは、80円近辺での推移となっています。 12月21日には一時110円まで上昇しましました。11月29日安値62.00円から12月21日高値110.00円までの上昇幅は約48.00円であり、12月30日安値75.24円からリプレイスすると123.24円が3ヶ月程度先…

米カード大手Visaが仮想通貨決済を開始

米カード決済大手のVisaは29日、暗号資産(仮想通貨)を使った決済を始めると発表しました。Ethereumブロックチェーン基盤のステーブルコインである「USDC」による決済から始めるとのことです。 USDCはCircleとCoinbaseが共同で設立したステーブルコインで、…

暗号資産(仮想通貨)のイベントスケジュール:3月25日更新

3月22日-3月28日:アジア・クリプト・ウィーク(開催地:香港) 3月26日:CMEのビットコイン・オプション、ビットコイン先物SQ(日本時間3月27日午前1時) 4月16日:Bakktのビットコイン・オプションSQ(日本時間4月17日8時) 4月18日:Bakktのビットコイン…

ハッシュレート分析によるビットコイン妥当価格は23,719ドル

ビットコイン(BTC)の価格予想を行う上で重要な要素のひとつにハッシュレートがあります。ハッシュレートは、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をマイニング(仮想通貨の新規発行や取引承認に必要となる計算作業)する際の速度を表すものです。具体的…

ビットコイン、海外の売りポジションは横ばい

足元のビットコイン(BTC)は620万円台で取引されています。最も取引量の多い米ドル建てでは58,000ドル近辺で推移しています(コインマーケットキャップより)。 一部国内の暗号資産(仮想通貨)取引所が出している投資家の未決済建て玉情報(3月22日時点)…

3月9日時点のCMEのBTC先物建玉分析、中期的には2,750ドルの下押し圧力

CFTC(米商品先物取引委員会)は火曜日時点でのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン(BTC)先物の部門別ポジションを当週末に公表しています。為替市場ではCFTCが公表している非商業部門(投機筋)ポジションがよく注目されます。 3月9日時点…

「メトカーフの法則」ビットコイン価格は割高の可能性も

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として、「メトカーフの法則」とよばれる計算方法があります。メトカーフの法則は、「ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザー数の二乗(n2)に比例する」というものです。電話やインターネットな…

NVTから見た足元のビットコイン妥当価格は40,312ドル

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として注目されるもののひとつに、「NVT」という指標があります。暗号資産の市場分析で有名なウィリー・ウー氏が考案した指標で、同氏のホームページではリアルタイムの数値を公表しています。NVT(Network Value to Tr…

Defiプロジェクト「BarnBridge」

BarnBridgeは様々なリスクプロファイルに合わせた債券トークンを提供するデリバティブプロトコルで、固定利付債やCDOを模したトークン商品などを開発しています。BarnBridgeのTVLは3.4億ドル(3月8日時点)で、流動性マイニング目的でBarnBridgeにロックされ…

フィスココイン(FSCC)テクニカル分析(3月1日)

3月1日16時時点のFSCCは、82円近辺での推移となっています。2月16日に92円でしたので、10円下落しています。 ビットコインが600万円を超えた後、450万円まで下落し、現在は480万円台での推移と、大幅な値動きを見せており、ビットコインの値動きにも注目です…

暗号資産(仮想通貨)のイベントスケジュール:3月4日更新

3月9日-3月13日:ブロックチェーン・ウィーク・ローマ 2021(開催地:イタリア) 3月16日:Bakktのビットコイン・オプションSQ(日本時間3月17日8時) 3月18日:Bakktのビットコイン先物SQ(日本時間3月19日8時) 3月18日-3月19日:ブロックチェーン・アフリ…

ハッシュレート分析によるビットコイン妥当価格は19,924ドル

ビットコイン(BTC)の価格予想を行う上で重要な要素のひとつにハッシュレートがあります。ハッシュレートは、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をマイニング(仮想通貨の新規発行や取引承認に必要となる計算作業)する際の速度を表すものです。具体的…

Defiプロジェクト「Ampleforth」

Ampleforthは、発行したトークンであるAMPLの価格がビットコインなどの暗号資産と相関性を持たないように、供給量の調整が行われる暗号資産プラットフォームです。ビットコインの値動きの大きさは供給量の上限が設定されているためとも指摘されますが、価格…

「BlockFi」

暗号資産レンディングサービスを提供する米BlockFiが、ビットコインから派生する投資商品(ビットコイン・トラスト)の運営を開始したことが明らかになりました。BlockFiは、2020年8月20日にシリーズCラウンドで5,000万ドル(約53億円)の資金調達に成功して…

ビットコイン、海外の売りポジションは縮小

足元のビットコイン(BTC)は590万円台で取引されています。最も取引量の多い米ドル建てでは55,000ドル近辺で推移しています(コインマーケットキャップより)。 一部国内の暗号資産(仮想通貨)取引所が出している投資家の未決済建て玉情報(2月22日時点)…

「メトカーフの法則」ビットコイン価格は割高の可能性も

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として、「メトカーフの法則」とよばれる計算方法があります。メトカーフの法則は、「ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザー数の二乗(n2)に比例する」というものです。電話やインターネットな…

NVTから見た足元のビットコイン妥当価格は32,312ドル

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として注目されるもののひとつに、「NVT」という指標があります。暗号資産の市場分析で有名なウィリー・ウー氏が考案した指標で、同氏のホームページではリアルタイムの数値を公表しています。NVT(Network Value to Tr…

2月9日時点のCMEのBTC先物建玉分析、中期的には7,215ドルの下押し圧力

CFTC(米商品先物取引委員会)は火曜日時点でのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン(BTC)先物の部門別ポジションを当週末に公表しています。為替市場ではCFTCが公表している非商業部門(投機筋)ポジションがよく注目されます。 2月9日時点…

ハッシュレート分析によるビットコイン妥当価格は18,389ドル

ビットコイン(BTC)の価格予想を行う上で重要な要素のひとつにハッシュレートがあります。ハッシュレートは、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をマイニング(仮想通貨の新規発行や取引承認に必要となる計算作業)する際の速度を表すものです。具体的…

BTC急伸

BTC急伸、44795ドルまで。テスラが1.5兆ドル相当を購入との報道受け。